なむざっき

QMA2からアロエを溺愛し続ける人が趣味について綴る雑記

幻のポケモンが最後に配信されたのは?

これまでに登場した幻のポケモンがそれぞれ最後に配信された時期を、備忘録代わりにまとめてみました。

2013年8月時点のデータであるため、閲覧された時期によっては古い情報になっているかもしれません。また、日本語版以外を対象とした配信イベントは考慮していません。

ポケモン 最後の配信
ミュウ 第4世代:Wi-Fi配信(2010年1月-2月)*1
セレビィ 第4世代:映画館配信(2010年7月-9月)*2
ジラーチ 第5世代:Wi-Fi配信(2013年7月)
デオキシス 第5世代:Wi-Fi配信(2013年3月-5月)
マナフィ 第4世代:Wi-Fi配信(2010年8月-9月)
ダークライ 第5世代:Wi-Fi配信(2010年12月-2011年1月)
シェイミ 第5世代:ポケモンセンター配信(2012年1月)
アルセウス 第5世代:PDW配信(2010年11月-2011年1月)
ビクティニ 第5世代:東北ポケモンイベント配信(2012年11月-12月)
ケルディオ 第5世代:映画館前売券(2012年6月-8月)
メロエッタ 第5世代:映画館配信(2012年7月-9月)
ゲノセクト 第5世代:映画館配信(2013年7月-9月)

*1:みんなのポケモン牧場』と『ダイヤモンド』『パール』『プラチナ』のいずれかがあれば量産可能。

*2:ポケモンコロシアム』と予約特典の拡張ディスクがあれば量産可能。

素材を活かせていない残念作 - 『劇場版ポケモンBW 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』感想


先週、『劇場版ポケットモンスターベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』を鑑賞しました。

ブログを書く余力がなかったこともあって、前作、前々作の感想は書けずじまいだったのですが、今回は色々と思うところがあったので、久々に感想を書いてみます。一部ネタバレが含まれているのでご注意ください。

続きを読む

2012年にプレイしたゲームなど統括

年末恒例のプレイしたゲームの統括記事です。いつも通り一月ごとにプレイしたゲームの一覧とその感想を書き綴ってます。

なお、今回は『クイズマジックアカデミーVIII』などのアーケードゲームは一覧から省略しています。

2012年1月

モンスターハンター3G

1月は元々アンバサダー・プログラムのゲームで凌ぐ予定でした。しかし、昨年末に一番プレイしたかった『スーパーマリオアドバンス3(ヨッシーアイランド)』を完全クリアしてしまう事態に。

そのため、特にプレイするゲームもない状態で1月を過ごそうとしていましたが、ふと『モンスターハンター3G』がやりたくなり、ついにモンハンに手を出してしまいました
はじめはあまりの不親切ぶりに投げ出しそうになりましたが、プレイしていくうちにのめり込んでいき、1月末に村下位のラスボスを倒すことができました。さすがは昨年までPSPを存命させてきただけはある中毒性の高いクオリティです。

2012年2月

モンスターハンター3G レイトン教授と奇跡の仮面(特典なし)

1月に続き、2月もほぼ『モンスターハンター3G』一本で凌ぎました。
去年までは「モンハンはおこちゃま」と舐めていたような状態だったのに、この時点ですっかりハンター脳に染まりきっています。

3DS発売1周年ということで、発売日から配信が続いていた『レイトン教授と奇跡の仮面』の「日刊ナゾ通信」も全てのナゾが配信されました。配信ナゾだけでも十分なボリュームがあって満足でした。

2012年3月

モンスターハンター3G

この月もほぼ『モンスターハンター3G』一本でした(笑)。
最初の頃はアオアシラの捕獲に泣かされていた私ですが、モンハン歴3か月目にして、ついにG級に到達するまでに至りました。ちなみにG級達成時点のプレイ時間は111時間13分です。

3月のビッグニュースと言えば、シリーズ最新作クイズマジックアカデミー 賢者の扉』の稼働開始
アロエちゃんに会える筐体としての価値は失われていなかったのですが、それ以外の点では画面サイズ以外の変化が薄く、その画面もドットバイドットではないと、品質の低さに失望したのが正直なところです。
その失望からブログでは全く言及していませんでした。前作では毎月書いていた「プレイ記録」を全く投稿していないのはこれが原因です(Twitterには残していますが)。

『賢者の扉』のセットアップが終わるまでの時間潰しとして『jubeat』や『リフレクビート』に触れたのは一つの収穫かもしれません。

2012年4月

モンスターハンター3G メトロイドフュージョン

いつまで『モンスターハンター3G』やり続けるねん、と言わんばかりのモンハン中毒ぶりです。ちなみに、このモンハン中毒は『ポケモンB2W2』発売まで続きます。

海外で先行配信されていた3Dクラシックス版の『星のカービィ 夢の泉の物語』がついに国内でも配信。
立体感は控えめですが、立体化された背景に見とれてしまうこともありました。あと、目コピによる再現が凄いこともあって、微妙な仕様の相違が気になってしまうのがちょっと残念ですね。

2012年5月

モンスターハンター3G

1月から続けてきた『モンスターハンター3G』ですが、ついにG級のラスボス的存在を倒すことができました。ランス一筋でよくここまで出来たと自画自賛したいところです。
ラスボスを倒した後は、村上位の鬼門クエストを攻略するために、いわゆる「零点装備」の準備を進めていました。結局、今でもお守りが揃ってないんですけどね。

2012年6月

モンスターハンター3G ポケットモンスターホワイト2

2月に電撃発表された『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』が発売。
競技用ポケモンの育成はもうやってませんが、実績メダル集めに熱中していました。

2012年7月

ポケットモンスターホワイト2 ルーンファクトリー4 (特典なし) New スーパーマリオブラザーズ 2


ルーンファクトリー4』発売! Release "Rune Factory 4"! 大事なことなので2回言いました。
前作『3』が奇跡の出来だったので不安なところも若干あったのですが、実際はそんな不安を思いっきり吹き飛ばしてくれるほどの素晴らしい出来でした。新牧場物語の1作目からずっと支持してきて本当に良かったと思える作品でした。

Newスーパーマリオブラザーズ2』はほど良く纏まってはいるのですが、もう少し手ごたえが欲しかったかも。特に隠しワールド。
コインラッシュモードは個人的には合わなかったです。高スコアを得るには、過去の2Dマリオでは特に必要とされていなかったゴールポールの頂点を掴むことが必須で、自分の実力の低さを見せ付けられるのが辛いところ。

2012年8月

ルーンファクトリー4 (特典なし) アイドルマスター Xbox 360 プラチナコレクション Fallout3 GAME OF THE YEAR EDITION プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】 ビューティフル塊魂 Xbox 360 プラチナコレクション

発売から7年目にして、ついにXbox 360を買いました。これで現行ゲームハードは全機種所持したことになります……と書きそうになるのですが、一応PS Vitaはまだ持ってません。
最初にプレイしたのはもちろん『THE IDOLM@STER』。最初にプロデュースするのはもちろん雪歩。今では失ってしまった本物の雪歩がここにいる。

起動の儀としてアイマスを軽く触った後は、以前からプレイしたかった『Fallout 3』を始めました。最初は何をやっていいのかさっぱり分からず戸惑ってましたが、慣れていくうちに没頭し、メイン実績を全部集めるまでやってしましました。MODが入れられなくても日本語吹き替えなのが良い。

2012年9月

ルーンファクトリー4 (特典なし) Fallout3 GAME OF THE YEAR EDITION プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】 シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション

Android機&iPhone 5を買いましたiPhoneはゲームに使わない方針なので、マルチタイトルは原則Androidでプレイしています。

なぜか社長が訊くがきっかけで『シュタインズ・ゲート』も買ってしまいました。ギャルゲー自体プレイするのは久しぶりでした。

2012年10月

ルーンファクトリー4 (特典なし) シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション

とびだせ どうぶつの森』に待ち焦がれる10月。
色々やってますが、『Minecraft』に一番没頭したのはこの頃かもしれません。

2012年11月

ルーンファクトリー4 (特典なし) とびだせ どうぶつの森

ハロウィンセールからSteam本格デビューしました。「本格」というのは、Steam自体は『Portal』無料キャンペーンの時に登録はしているからです。
Steamで開発*1したゲームのうち、『Cave Story+』(洞窟物語)と『Terraria』の2つをプレイして、その中でも『Terraria』は結構ドハマリしました。最初は馴染まないゲームと思ってたのですが、いつの間にかプレイ時間50時間オーバーに。『モンハン』といい『Fallout 3』といい、今年はこんなのばかりですね(笑)。

これまで未対応機種でプレイできなかった『パズル&ドラゴンズ』が、機種制限解除によりプレイできるようになりました。詳細は後ほど書く予定ですが、他のソーシャルカードゲームと違い、ゲーム進行にある程度メリハリがついているのが秀逸でした。

そして、ついにとびだせ どうぶつの森』が発売
発売日から現在に至るまで毎日プレイし続けており、止め時が一向に見つかりません。いや、止めたらダメなんです。

2012年12月

とびだせ どうぶつの森 モンスターハンター3 (トライ) G HD Ver. New スーパーマリオブラザーズ U

最新据え置きゲーム機・Wii Uが発売
『Nintendo Land』も購入したのですが、未プレイなので載せてません。
NewスーパーマリオブラザーズU』はぶっちゃけ全部ゲームパッドオンリーでプレイしていました。高精度グラフィックがTVやPCディスプレイを使わずに手元で味わえるのは素晴らしい。

アニメ

機動戦士ガンダムAGE』しか見てません

最後に

Wii UXbox 360、各種スマートフォン、Steamなどの新境地のタイトルを味わうことができ、また『モンスターハンター3G』や『とびだせ どうぶつの森』などといったビッグタイトル、『ルーンファクトリー4』をはじめとするハードコアタイトルが充実していた1年でした。
来年はどんなゲームに出会えるのでしょうか。任天堂のギリギリまで発表しない方針上、今後のタイトルに不透明なところはありますが、特にWii Uのタイトルに期待したいところです。また、マイクロソフトSCEは早期の次世代機の発表が求まれます。

*1:Steamでゲームを購入することの意。購入画面に移る際に「開発中……」と表示されることにちなむ、と思われる。