なむざっき

QMA2からアロエを溺愛し続ける人が趣味について綴る雑記

200日以上ぶりの更新

何かと私事で忙しかったのもあるのですが、200日以上更新をサボってしまいました。
以前も月1レベルの更新頻度に陥っていましたが、ここまで放置していたのは10年ぶりかもしれません。

Twitterあたりで言及済みのことばかりですが、近状を簡潔に報告します。

ルーンファクトリー4』発売!

3作目にして奇跡の復活を遂げた『ルーンファクトリー』シリーズの最新作がついに発売されました!
途中で『Newスーパーマリオブラザーズ2』に切り替えたりもしましたが、発売日依頼ずっとプレイし続けています。

前作の秀逸なゲームシステムはもちろん引き継がれており、なおかつ、「異なるレベルのアイテムを1スロットにまとめられない」「アイテム倉庫の容量が少ない」「ゲームクリアに結婚必須」などといった前作の不満点も見事に改善されています

ストーリーもシリーズ集大成らしい素敵で良い内容に仕上がっています。これで結婚不可とか詐欺もいいところですよ。

ちなみに結婚相手はまだ決めていません。『2』はセシリー一筋、『3』はダリア一筋でやってきたので、ここまでノープランなのは『1』ぶりです。
一応、第一候補はコハクかなぁ、と考えてたりしますが、今はとりあえず六股目指してがんばってます(笑)。現在は三股までいきました(笑)。

iPhone 5に機種変更しました


(後述のEVO 3Dで撮影。)

前のW64Sへの機種変更から3年半以上経ち、W64Sもだいぶボロが出てきたので、これを機にauのiPhone 5に機種変更しました。
本当の理由はとあるフィーチャーフォン専用ソーシャルゲームが先日サービス終了したからだったり。

iPhone 5なので必然的にLTEプランを契約することになったわけですが、自宅を含む移動ルートのほとんどがLTE未サポートなのでした……。
とはいえ、3Gでも普通に使えるレベルなので特に不満は感じていません。

Twitterクライアントなど専用アプリの使い勝手もなかなか良好ですが、何といっても一番嬉しいのはテザリングですね。
ノートPCや後述のAndroidスマートフォンでも(電波が届けば)常時インターネットが使えるようになったのは凄く助かります。

充電は無茶苦茶長持ちするってわけではありませんが、結構緩やかに消費していく感じです。
テザリング時も思ったより消費スピードは速くありません。あまり大容量のデータ通信をやってないからかもしれませんが。

噂のマップも十分楽しみました。うん、これはブラウザ版Googleマップでいいな。

Androidスマートフォン買いました


(先述のiPhone 5で撮影。画面は立体モード。)

iPhoneだけではなくAndroidスマートフォンも購入しました。機種はISW12HT (HTC EVO 3D)です。ただし白ロムのWi-Fi運用

最初はメインにAndroidスマートフォン、サブにiPod touchを使う予定でした。
しかし、iPod touchは露骨にiPhoneより低スペックだし、Androidスマートフォンもあまりベストと言える機種がありません。
ISW13HT (HTC J)を第一候補に考えてましたが、機種価格が高く、また、品質が微妙な「ペンタイル配列」の有機ELであることを知ってしまったので、あまり興味が湧きませんでした。
この段階でiPhoneメインにすることを決意していたかもしれません。
しかし、Android固有のアプリが利用できなくなるのは惜しい……。

ふとAmazonを眺めてたら、これの白ロムが10000円未満で販売しているのを見つけました。
このタイミングを逃したら貧乏性が邪魔して絶対買わないだろうなと思い、勢いでポチることに。

iPhone 5より前に買ったので、EVO 3Dが初スマートフォンということになります。
初めてスマートフォンを使ってみて最初に思ったのは「充電が凄まじい勢いで減っていく!」でした。
電力を食う要素は片っ端から切りまくり、さらに自動終了アプリや自動電波オフアプリ*1を導入して、今では何とかそれなりに持つようになりましたが、最初のショックは今でも忘れられません。

充電以外の使い心地は結構良いです。一昔前のスマートフォンで顕著だったメニューの反応の悪さは感じられません。

EVO 3Dならではの機能としては、裸眼立体視ディスプレイと立体写真が一番の売りですね。
立体写真3DSより高解像度で撮れるし、3DSでも見れるので、立体写真を扱うならこれが一番ですね。
しかし、撮影中は充電が凄まじい勢いで減っていくのと、拡張子がMPOでないと立体表示できない(3DSは拡張子がJPGでも自動的に立体写真を認識してくれる)のが残念。

au関連のコンテンツは丁寧に3G回線限定の制約が付いているので全く使えませんが、Wi-Fi運用のおもちゃとして楽しんで使っています。

*1:SIMなしでも3G回線を探索し続ける仕様で、SIMなしゆえに常に圏外なので常時最大出力で探索していたのが一番の元凶らしいです。